歯ぎしり

朝になり目が覚めたときに、歯の痛みや顎全体の倦怠感、肩こりや頭痛を感じたことのある方もあるのではないでしょうか。
次に述べるいくつかの項目に、心当たりがあると思われた方は、もしかすると睡眠中などに無意識に歯ぎしりをしている可能性があります。

歯ぎしりはなぜ起こるのか

歯ぎしり 歯医者 八王子
朝になり目が覚めたときに、歯の痛みや顎全体の倦怠感、肩こりや頭痛を感じたことのある方もあるのではないでしょうか。
次に述べるいくつかの項目に、心当たりがあると思われた方は、もしかすると睡眠中などに無意識に歯ぎしりをしている可能性があります。

・朝起きた時に顎の痛みや顎の疲れを感じる方
・朝起きた時に奥歯に痛みを感じる方
・慢性的に肩こりや頭痛をに悩まされている方
・歯が割れたりかけたことのある方
・内頬に噛んだ形跡がある方
・集中しているときに無意識的に歯を食いしばっている方

歯ぎしりがもたらす悪影響とは

1.歯が少しずつ摩耗してしまう

寝ているときや無意識的にしてしまう歯ぎしりは、日常での食事などで行われる咀嚼とは異なり、非常に大きな力が歯や顎にかかります。
そのため、歯と歯がとても強い力ですりあってしまうため、噛み合わせの凹凸が少しずつ摩耗し、咀嚼機能の低下や、正しいかもあわせが困難になってしまいます。

2.歯周病を悪化させてしまう

歯ぎしりによって高い負荷がかかるのは歯だけに限られたことではありません。歯を支えている歯茎、そして顎骨にも高い負荷がかかり悪影響を与えてしまいます。
歯ぎしりによって強い力がかかることによって、歯がまず揺さぶられます。それに伴い、歯を支える歯茎や顎骨にも隙間などが生じます。歯と歯茎に隙間ができてしまうことで、細菌の侵入リスクが上がります。そのため、歯周病が悪化する可能性が高まるのです。
また、犬歯が摩耗してしまうと前歯と奥歯のバランスが崩れます。そのため、歯並びが悪化してしまうため、奥歯などの歯周病発生のリスクが高くなる傾向にあります。

3.知覚過敏のリスクが上昇する

歯が少しずつ摩耗することは、歯の表面にあるエナメル質の量の減少を意味します。
歯の表面を覆うエナメル質は、歯にとっての鎧のようなものです。エナメル質は歯を構成する組織の中で最も固い特徴がありますが、これが歯ぎしりによって徐々に擦り減ってしまうと、歯の内部へ刺激が伝わりやすくなってしまいます。
エナメル質が減ることによっておこる歯のトラブルとして最も代表的なものが知覚過敏です。軽度の知覚過敏は、温度差が小さいものを摂取することで、痛みを避けることができますが、重度の知覚過敏になってしまうと、歯ブラシの毛先が歯にあたっただけで痛みを感じるほどになってしまいます。
歯ぎしりによって噛み合わせが悪化したり、知覚過敏の症状が現れた場合は、速やかに歯科クリニックに受診しましょう。

4.顎関節症を引き起こす可能性も

歯ぎしりは、歯を強い力でかみ合いながら、下顎を前後左右に動かすことで起こります。下顎は、顎関節とつながっているため、過度な負荷をかけてしまうと顎関節症を引き起こしてしまいます。朝目覚めた時に、顎に痛みを感じていても、それを放置してしまうと顎関節症に発展してしまうリスクがあります。顎関節症が悪化してしまうと、日常生活での食事や会話に支障をきたすようになってしまうため注意しましょう。

5.肩こりや頭痛の原因に

食べ物を咀嚼するとき、下顎と下顎につながる顔の筋肉が動きます。この筋肉は、肩や首、背中などの身体のほかの部分にもつながっています。歯ぎしりによってこれらの筋肉に過度な緊張や負担が与えられることで、顎関節以外にもそれに関連する筋肉にも影響が及んでしまうのです。
そのため、頭痛や肩こり、背中の痛みといった各種の不調の原因の1つとして歯ぎしりが挙げられるのです。これらの症状は慢性化してしまうこともあるため、早期の対策が重要になります。

6.歯並びが悪くなってしまう

歯ぎしりは歯と歯が非常に強い力でこすれあいます。そのため、歯ぎしりは歯が揺れ動く原因になります。歯が揺れ動くことで歯並びにも変化が生じます。歯並びが不適切なものになってしまうと、咀嚼機能が低下してしまったり、それに伴う消化不良の原因となります。
食べ物をしっかりと噛むことができない場合や、噛み合わせが適切でないと感じた時は、放置せずになるべく早く歯科クリニックに受診しましょう。

歯科医院ではどのような治療をするのか

1.自分専用のマウスピースを作成

自分専用のマウスピースとは
人間は一人一人指紋が違うように、歯の形も異なります。そのため、一人一人に合った治療を行うために、歯型を取り、自分専用のマウスピースを作ります。
マウスピースを使用することで、歯ぎしりによって歯と歯が接触してしまうことを防ぎます。その結果、歯の摩耗と顎関節症のリスクを少なくすることができるのです。
マウスピースを長期間使用すると、マウスピースが徐々に擦り減り、穴が開いてしまうことがあります。この穴の開いた箇所は、歯が強く当たっている箇所を意味します。穴の開いてしまったマウスピースは破棄せずに、かかりつけの歯科クリニックで確認してもらいましょう。そして、再度新しいマウスピースの制作をする必要があります。

2.噛み合わせを調節する

歯ぎしりによって噛み合わせに不具合が生じたとき、うまく食べ物をかめないことなどによるストレスを感じてしまうことがあります。そしてストレスからまた無意識に歯ぎしりをしてしまうという悪循環につながる可能性もあります。
歯ぎしりの治療は、噛み合わせをミクロ単位で適切にすることで、改善することがあります。少しでも違和感を感じる場合は歯科医院にかかることが大切なのです。

PAGE TOP