歯周病・歯槽膿漏・口臭

当院では「担当制」を採用しております。

歯周病治療は、患者様との二人三脚の治療となるため、

患者様との信頼関係の構築が大切と考えます。

多賀歯科医院の歯周病治療の特徴

予防のプロである歯科衛生士の存在

歯科医院には、歯科医師以外にも「歯科衛生士」という国家資格を持った人間が在籍しています。歯科衛生士とは、「予防」「歯周病治療」のプロです。当院では、経験豊富な歯科衛生士が多数在籍しており、責任を持って患者様の処置・管理を行います。

虫歯や歯周病予防には、歯垢・歯石・バイオフィルムを除去するだけではまだ足りません。 実は、あたなの「生活習慣」が原因で虫歯・歯周病を誘発していることが多々あるのです。

例えば、食事の内容・回数・時間帯、喫煙習慣、ストレス、睡眠時間などですね。患者様それぞれの性格、生活リズム、お仕事などを総合的に考慮し、無理のないプランをプロの目で御提案させて頂きます。

重度歯周病の方のために-骨再生治療

歯周病が進行すると、「歯がグラグラしてくる」と聞いたことがあるかと思います。これは、歯周病菌により顎の骨がどんどん溶かされ、歯をしっかり支えられなくなったために起こる症状です。
そのままにしていると、ある日突然「ポロッ」と歯が抜け落ちてしまいます。基本的に一度骨が溶けてしまうと元に戻ることはありません。
ではどうするのか?

ここで骨再生治療が登場します。要は溶けて減ってしまった骨を再生させ、歯が抜け落ちてしまう事を防止する治療だと思って頂ければと思います。

当院では、「エムドゲイン」「GTR」「GBR」という骨再生治療を行っております。重度歯周病の方で、どうしても歯を残したいとお考えの方、一度当院にご相談ください。

口臭検査

歯周病の進行は「口臭」の原因となります。

歯周病菌が出すガスがその原因です。

口臭の原因は様々ですが、歯周病の治療をするだけで口臭がおさまることが多くあります。

当院では、口臭測定器(ブレストロン)

を備えておりますので、

口臭でお悩みの方、まずは歯周病を

疑ってみてはいかがでしょうか?

お気軽にご相談ください。

歯周病とはどんな病気でしょう?

歯周病(歯槽膿漏)、最近はこの言葉をよく聞くようになってきましたが、残念ながら多くの方は正しく認識されていません。

それというのも多くの方が歯周病に罹っているにもかかわらず、症状が重症にならなければわからないためです。

 

こんな症状はありませんか?

  • 歯磨きすると歯茎から出血する
  • 歯肉が赤く腫れている
  • 歯茎から膿が出る
  • 食べ物が歯の間にはさまりやすくなった
  • むかしより歯が長くなったように見える
  • 朝起きた時、口の中がネバネバする
  • 歯がグラグラする
  • 歯が浮いた感じになる
  • 口臭があるとよく言われる

これは歯周病の症状です。早めに歯科医院の受診をお勧めします。

歯周病から歯を守るために

それではどうしたら歯周病から歯を守ることができるのでしょう。

 

歯周病は知らないうちに進行してしまう怖い病気ですが、正しい診断、適切な治療で、必ず改善できる病気でもあります。ただ、かなり進行した歯周病は元の健康な状態には戻りませんので、早い時期に受診され、治療を始めることが大切となります。

 

当院では来院された方すべてにお口の中の診査を行います。

虫歯はもちろん、自覚されていない歯周病も歯周組織検査で調べていきます

  • 歯周ポケット(歯と歯茎の間にできる溝)の深さの測定
  • 動揺度
  • レントゲン写真による歯を支える骨の溶け具合の診査
  • かみ合わせの診査(特定の歯にかみ合わせの力が集中していないか)
  • 歯磨きのチェック
  • 生活習慣、ライフステージ、生活背景の把握

以上から歯周病の治療計画を立てることになります。

 

軽い歯周病は、歯石除去と歯磨き指導で早期に回復させます。

重度になってくると歯茎の深いところについた歯石除去を行い菌を減らしていきます。

さらにそれでも改善しないときは外科手術の流れに進みます。

 

 

場合によっては、抜歯を提案することもあります。

そのままにした場合、他の歯の健康を損ねる場合があるからです。

 

病状が安定しましたら、患者さまの歯周病のリスクを考えながらメンテナンスに入っていきます。

歯周病は再発しやすい病気ですし、生活習慣が密接に関係してきますので、歯を長期に残せるかどうかは、メインテナンスが大事なポイントとなります。

 

当院では歯周病治療に長けた歯科医師、歯科衛生士が常駐しております。

サポートはお任せください。

コラム-歯周病と全身疾患との関連性

あまり知られていない事ですが、

歯周病はお口の中だけではなく、全身疾患との関連性もあります。

関連性が報告されているものとして次のものがあります。

そして歯周病との関連でよく言われるのが、「糖尿病」「心臓病」「早産」です。

 

糖尿病との関連

重度の歯周病の場合、軽度の人に比べ2年後に糖尿病が悪化している率が5倍高くなります。

心臓病との関連

歯周病菌の作りだす物質が血液中に流れ動脈硬化を起こすのではないかと考えられており、心筋梗塞や狭心症を引き起こす原因となります。健康な人に比べ心臓病発症の危険率が2.8倍といわれています。

早産との関連

低体重児を出産した母親の方が歯周病が進行していたという報告があります。

また、妊娠中の歯周病をそのままにしておくと早産の確率が高まります。

歯周病Q&A

Q 喫煙が歯周病を悪化させるというのは本当ですか?

A本当です。

歯周病とタバコ。
一見すると何の関係もなさそうですが、喫煙者(タバコを吸う人)は非喫煙者(タバコを吸わない人)よりも歯周病にかかりやすく、重症化しやすい傾向にあります。

また、喫煙者は歯周病の治療をおこなっても非喫煙者に比べ、効果は25~50%落ちるとされています。更に予後が悪く、歯周病により歯を失う確率も高くなっています。
これらの原因は煙草に含まれる有害物質に起因しています。

ニコチンによる血流阻害

タバコに含まれているニコチンは、歯肉の血流を悪くします。そのため、歯肉に酸素や栄養が行き渡らず、抵抗力が弱まり、歯周病を進行させます。

一酸化炭素による酸素供給阻害

タバコによって発生する一酸化酸素によって、歯肉に酸素や栄養が行き渡らず、抵抗力が弱まり、歯周病を進行させます。

ニコチンや一酸化炭素による歯肉の硬化

ニコチンや一酸化炭素によって、歯肉が硬くゴツゴツしてくるために、歯周病が進行しても自覚症状は少なく、気付いた時にはもう手遅れということがよくあります。

白血球の活動を抑制

白血球は歯周病菌と戦い、退治する役目を持っているのですが、タバコは白血球の機能を低下させる作用があります。その結果、歯周病菌に対する歯肉の防御機能が低下して、歯周病が悪化しやすくなります。

新しい組織を作る細胞の増殖を抑制

タバコは歯周病の回復に必要な細胞の増殖を妨げる働きがあります。ですから、歯周病治療をしたとしても喫煙習慣を続けていれば改善は望めません。

唾液の減少

唾液はタバコに含まれる有害物質を中和したり、歯周病菌の増殖を抑える働きがあります。タバコによって唾液が減少すると歯周病が悪化しやすくなります。

Q 高齢になるにつれて歯周病になりやすくなるのですか?

A確かにその傾向はあります。
やはり、加齢とともに体の機能は衰えてきますので、それに伴い若い時に比べ歯周病になりやすく進行しやすいと言えます。
しかし、お口のケアを心がけることにより歯周病リスクを低く抑えることは可能です。

PAGE TOP