妊婦治療

「妊娠したら歯周病になりやすい」「出産したら歯が悪くなった」という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
妊娠によって歯周病や虫歯といったお口のトラブルのリスクは高まりますので、適切なお口のケアを行うことによってこれらのトラブルを予防することが可能です。
妊娠期にお口の健康を保つことで安心して出産や育児に臨むことができます。

妊娠時に多いお口のトラブルと対応について

(1)妊娠時に多いお口のトラブルとは

・歯肉の腫れや出血
・熱いものや冷たいものがしみる知覚過敏
・歯肉や歯の痛み
・唾液に粘性を感じる
・気分がすぐれず、歯磨きを行うことができない
・食事回数が増加し、歯垢が蓄積しやすくなる

(2)妊娠期に増加するお口の健康リスクとは

女性が妊娠すると、女性ホルモンが急激に増加します。これは、歯周病の原因となる細菌の増殖を招きやすくなります。また、血管の透過性が増加し、唾液の粘性も高くなります。そのため、お口の中の自浄作用が低下します。そのため、歯肉の炎症と出血がおこりやすくなるのです。また、多くの妊娠した女性はつわりによって食の嗜好が変化し、歯磨きが困難になります。また、胎児の発育に伴う食事回数の増加や、それに応じた適切な口腔ケアが不足しがちになることなどが合わさり、口腔環境が悪化し、虫歯や歯周病などのリスクが高まるのです。

(3)対策はどうすればよいのか

妊娠中はそうでない時と比べて、食生活が乱れ、お口のケアがおろそかになりがちです。そのため、虫歯や歯肉炎、歯周病のリスクが高まるということをよく理解し、普段以上にお口のケアをすることが大切です。
食事や間食が増えるため、食後のうがいや歯磨きをこまめに行うことを心掛けましょう。
つわりの時は、気分が可能な限り優れているときに歯磨きを行いましょう。歯磨きが困難な時は口をゆすぐうがいをしましょう。ヘッド部分の小さい歯ブラシも効果的です。

赤ちゃんのお口のケアについて

(1)赤ちゃんの歯はどのように発育するのか

子どもの歯が少しずつ生えてくるのは生後6〜8か月ごろですが、歯を形成する歯胚ができるのが妊娠7〜10週間ごろです。そして、妊娠4〜5か月ごろになると、歯胚にリンやカルシウムといった栄養素がくっつき、少しずつ固い組織へと変わっていきます。そしてこれが歯の形になるのです。永久歯も一部ですが、妊娠期から芽が作られています。

(2)赤ちゃんの歯の発育に欠かせない栄養素とは

赤ちゃんの歯の発育に欠かせない栄養素は、歯を固くする働きのあるリンやカルシウムのほかにも、歯胚の形成を助ける両市う名タンパク質、カルシウムの代謝を補助するビタミンD・Eなどがあります。このほかにも、歯質の基礎を形成するビタミンA・Cも欠かすことはできません。このように、赤ちゃんの丈夫な歯の発育のためにも、バランスのとれた食事が必要なのです。

(3)赤ちゃんの健康な歯を育むために

例え体は健康な状態であっても、お口の中には常にたくさんの細菌がいます。虫歯の原因菌として代表的な菌にミュータンス菌というものがあります。ミュータンス菌は歯の表面に付着し、食べかすなどをエサとして増殖します。生まれたての赤ちゃんの口の中にはミュータンス菌は存在しませんが、周囲の親などの人間から唾液や食器の共用などを通して、赤ちゃんのお口の中に入り込みます。ミュータンス菌は、歯が生えていない赤ちゃんに住み着くことはありませんが、乳歯が徐々に生えそろい、糖分の含んだ食べ物を摂取するようになると、ミュータンス菌が住み着きやすくなるのです。赤ちゃんの授乳や食事が終わった後は、歯ブラシやガーゼで歯をきれいにすることが大切なのです。

妊婦 八王子 多賀歯科

妊婦の歯科検診と歯科治療について

(1)妊婦の歯科検診とは

先ほども述べたように、妊娠中は歯周病や虫歯の感染リスクが上がっています。また、妊娠中であるか否かにかかわらず、虫歯や歯周病の初期症状には自分ではなかなか気づけないという特徴があります。そのため、赤ちゃんのためにもつわりが収まってくる4〜5か月ごろに、歯科検診を受診することが大切です。体調が比較的安定した妊娠中期に必要な歯科治療を終えることで、安心して出産に備えることができるようになるのです。

(2)妊婦の歯科治療の注意点など

1.受診時に注意しておきたいこと
妊娠している方が歯科医院で歯科治療を受ける際は、必ず母子健康手帳を提示し、産婦人科医からの注意を受けている旨を歯科医に伝えましょう。また、できる限り楽な姿勢で治療を受け、気分や体調がすぐれなくなったときは遠慮せず伝えるようにすることが大切です。

2.歯科治療で気を付けたいこと
・エックス線でのレントゲン撮影で胎児に影響はあるのか
歯科治療の中の一つにエックス線でのレントゲン撮影があります。歯科治療で使われるエックス線の放射線量はとても微量です。また、エックス線の照射位置である口から子宮は離れているため、おなかの中の赤ちゃんに影響はほとんどありません。歯科医院のスタッフに妊娠していることを伝えると防護用のエプロンを貸してくれるため、それを着用するとさらに胎児への影響を小さくすることができます。

・麻酔を使う歯科治療について
多くの場合で歯科治療に用いられる麻酔は局所麻酔です。そのため、使用量もわずかで、局所で分解されます。そのため、胎児への影響はありません。麻酔を使わずに痛みを我慢して行う治療は、母子ともにストレスを与えてしまうので好ましくありません。そのため、妊娠安定期に局所麻酔を適切に使用するとよいでしょう。しかし、かつて歯科麻酔薬で体にトラブルが出た場合や、麻酔の効果が薄く多量に使用した経験がある場合などは、歯科医とよく相談しましょう。不安が大きい場合は、出産後に歯科治療をするという選択肢もあります。

・薬剤とその服用について
妊娠の初期段階は、可能な限り薬剤の服用を避けたいものです。妊娠中期以降に行う歯科治療で処方される薬剤は、妊娠中も安心安全に使用することができる薬剤が選ばれている場合がほとんどです。心配や不安が少しでもある場合は、歯科医や薬剤師に相談や質問を行うか、産婦人科の主治医に相談するようにしましょう。

PAGE TOP