メンテナンス

日本は先進諸国のなかでも、歯科への定期受診率が低いというデータがあります。
北欧の国、スウェーデンは世界で最も予防歯科の進んでいる国であるとされています。スウェーデンでは、大人の歯科への定期受診率は80〜90%、子どもの定期受診率は100%です。また、アメリカでも約70%人々が歯科への定期受診を行っています。

日本の歯科医院受診率

日本は先進諸国のなかでも、歯科への定期受診率が低いというデータがあります。
北欧の国、スウェーデンは世界で最も予防歯科の進んでいる国であるとされています。スウェーデンでは、大人の歯科への定期受診率は80〜90%、子どもの定期受診率は100%です。また、アメリカでも約70%人々が歯科への定期受診を行っています。
このように先進諸国では、人々は歯に対し高い関心を持っていることがわかります。しかしながら、同じ先進国でも日本は、歯に対して関心を持っている人が少ない傾向にあるといわれています。
日本の歯科への定期受診率は6%であるといわれています。そのため日本では虫歯や歯周病が国民病であると表現されるのです。

アメリカは日本のような国民皆保険の制度がありません。そのため、重度な症状の病気などの治療費は高くなってしまいます。重症化して高い治療を払うくらいなら、歯が悪くなってしまう前に予防するという考え方の人が多いため、受診率の高さにつながっているとされています。
そして、欧米圏では、歯の汚い人は生活もだらしない人であるとされ、第一印象も悪くなってしまいます。そのため、歯のメンテナンスを欠かさない人が多いのです。
また、北欧のスウェーデンなどの寒い地方は、厳しい冬の期間は各家庭で造られた干し魚や塩漬けの肉などの固い保存食を食べなければなりません。そのため、北欧で歯が悪くなることは食事ができなくなり、生命が脅かされるということを意味します。北欧では昔から歯を大切にしながら生活をするという習慣や文化があるのです。

日本では、80歳まで20本の歯を残そうという8020運動というものがあります。スウェーデンではおよそ80%が達成、アメリカも年々達成水準を上げていますが、日本では東京の港区でやっと50%前後の達成という実績です。
この実績からも、日本人は欧米の諸国と比べると歯への関心がとても低いことが理解していただけるのではないでしょうか。
歯科への定期受診率が先進国でも最低レベルである日本では、70歳時点でも歯が残っている人が非常に少なくなるのです。

歯を残すためのメンテナンスとは

歯科治療の終了と同時にメンテナンスをしましょう

お口のメンテナンスは、治療で良くなった健康なお口の状態を維持し、再発防止を目的とします。このメンテナンスは自分自身で毎日行う歯ブラシや、歯間ブラシ、デンタルフロスなどが重要な役割を占めますが、定期的に歯科医院でのプロによるケアを行うこともとても重要です。
メンテナンスは、虫歯の再発防止はもちろんのことですが、歯周病の予防、お口の健康な状態の維持などを目的としているので、治療終了後3〜6か月ごとの定期的な歯科への受診が望ましいです。

歯周病は細菌感染が原因

歯と歯肉の境目は歯肉溝の清掃が不十分で、その歯肉溝に細菌が蓄積していくことで歯周病が発病します。
そのため、歯周病の発症や再発を予防するためには、細菌のかたまりである歯垢を除去することが最も効果的です。
細菌のかたまりである歯垢は、プラークとも表現されますが、この歯垢のほとんどは適切なブラッシングを毎日行うことでほぼすべてを除去することが可能です。しかしながら、口の中には歯周ポケットという深いくぼみがあります。この歯周ポケットの中や歯並びの悪いところにある歯垢は通常のブラッシングでは除去することは困難です。これらの除去困難な歯垢は歯科クリニックでPMTCという専門的なブラッシングを行うことで除去できます。

お口の定期検診の適切な時期とは

虫歯のみの治療を行っており、歯茎や歯周にトラブルがない人は、およそ6か月に1回程度を目安に定期的に歯科クリニックに受診するとよいでしょう。
過去に歯周病で歯科治療を受けていた方は、これよりも受診の感覚を短くする必要があります。多くの場合、歯周ポケット内部の歯周病の原因となる細菌は処置後およそ3〜4か月ほどで、元の細菌叢となる傾向があるためです。そのため、細菌が元に戻ってしまう前に歯垢を歯科医院で除去する必要があるのです。
歯科医院では、患者一人一人に適した歯周病の治療やメンテナンスを行っているので、定期的な通院を継続することが非常に大切なのです。

PAGE TOP