カウンセリング

口腔歯科のカウンセリングとは

歯科医院によって、トリートメントコーディネーターと呼ばれるような専門のカウンセラーがいます。
歯科医院で行うカウンセリングについて想像があまりできない人も多いかもしれませんが、実際にはどのようなことを行うのでしょうか。

多くの人は、歯科治療の内容の説明は、ドクターがしてくれるとお考えなのではないでしょうか。実際、多くの場合では、歯科治療の説明や、患者の疑問や質問の受け答えなどはドクターが行います。
しかし、ほとんどの患者は、歯科治療などの知識がありません。そのため、普段耳にしないような歯科の専門的な用語や説明はなかなか理解しにくいという方がほとんどです。

そのため、ドクターから治療についての説明を一通り受けた後でも、心の片隅に疑問や不安、心配な点などが残ったままの人も多くいることでしょう。
この心配などは、ドクターに対する漠然としたイメージなども関係あるかもしれません。このイメージとは、具体的にあげるとすれば「先生はいつも忙しそうだから質問しにくい」「一回説明してくれた後にもう一度聞くことは失礼なのではないか」「治療費などの説明をもう一度お願いすると変に思われるのではないか」などでしょう。

患者の心理としては、本当は歯科医に聞きにくいけれど、質問したいことはたくさんあり、そして、納得のいくまで説明をしてほしいのではないでしょうか。
そのような不安を解消するためにトリートメントコーディネーターやカウンセラーがいる歯科医院が近年徐々に増えつつあるのです。

カウンセリングについて

では、歯科医院で行うカウンセリングとはどのようなものなのでしょうか。
カウンセリングを導入している歯科医院では、主に、初診の段階では、お口に関しての悩みや疑問などを伺うところが多くあります。

お口の悩みや疑問とは、今現在患者がどのような症状に悩んでいるのかという点や、治療に臨む前に歯科医に伝えておいてほしいことや、希望しない治療などです。これらをカウンセラーがうかがうことで、患者が望む最適な治療法を提案することができるようになります。
トリートメントコーディネーターやカウンセラーは患者と歯科医や歯科医院の架け橋なのです。

セカンドカウンセリングとは

聞きなれない言葉かもしれませんが、歯科治療のカウンセリングでセカンドカウンセリングというものがあります。
セカンドカウンセリングは初診時のカウンセリングと異なり、患者の方一人一人のお口の状態などについての詳しい説明を行っています。
平均寿命が延びている昨今で、生涯自分の歯で健康な食生活を行うためにも、自分の口や歯の状況をよく理解する必要があるのです。

セカンドカウンセリングでは、実際のお口の状況を把握するために、レントゲンなどを参照しつつ、虫歯や歯周病の進行具合などの説明を行うことが一般的です。

その他の歯科治療のカウンセリング

トリートメントコーディネーターはこれらのカウンセリングのほかにもカウンセリングを行っています。
たとえば、「保険適用外の白い歯を入れる治療はどれくらい費用が掛かるのか」「インプラントはどれくらいの寿命があるのか」「銀歯をインプラントに変えることができるのか」などの疑問や質問の解消や説明を行います。
これらの疑問や不満を解消し、治療するにあたっての様々な選択肢を提示することもトリートメントコーディネーターの役割なのです。
歯科治療に対する患者の理解が深まることで、より円滑に治療を行うことができるのです。

また、多くの歯科医院では、治療後も再発を防止するために定期的な健診の案内を行っています。
そのため昨今の歯科医院は、多くの人が抱きがちな「お口にトラブルが発生してから通う歯医者」ではなく、「お口にトラブルを抱える前に予防歯科的に通う」歯医者へと徐々に姿を変えつつあるのです。

また、せっかく治療が終わっても再発しないように、定期健診のご案内も行っています。

当院では患者さんにとって『痛い時に仕方なく行く歯医者』ではなく、『治療によって得られたお口の健康を維持するために定期的に行く歯科医院』でありたいと願っております。

PAGE TOP