一覧ページ

現代社会を生きる日本人は、硬い食べ物を食べる機会が減ってしまったため、顎骨が小さな人が多い傾向にあります。 その結果、『不正咬合』のお子さんが増加しています。 ... 続きを見る

歯がグラグラする、といったような、お口のトラブルにお悩みで歯科を受診される患者さんの多くが、全身状態と関係した歯周病ではなく、実は咬み合わせや、不良治療などが原... 続きを見る

昨今、口腔疾患の予防の重要性は歯科にとどまらず、医局でも推奨されています。 歯科医院をはじめとする歯科業界では、以前から虫歯や歯周病の予防歯科に取り組んでいます... 続きを見る

ブリッジは橋義歯(きょうぎし)と呼ばれ、入れ歯は床義歯(しょうぎし)と呼ばれています。 ブリッジは咬合圧をダミーの両横の支台歯で支え受ける方法ですが、床義歯は顎... 続きを見る

しかしながら、日本国内間においても、口腔衛生思想の教育活動の熱心さや普及の度合いにより、お子様の虫歯保有者率の地域差が生じている、ということがあります。関東地方... 続きを見る

欧米先進国では美しい歯を保っている人が多く、特に北欧のノルウェーやスウェーデンなどでは虫歯に罹患している、という人はほとんどいない、というデータもあるそうです。... 続きを見る

PAGE TOP