ブリッジ

歯を失ってしまったときに、いくつかの治療法があります。
それは、ブリッジ、入れ歯、インプラントです。中でも特にブリッジは、外科的な手術を不要とし、また、材料によって保険を適用することができるため、ブリッジ治療を選択する人は非常に多くいます。

歯のブリッジ治療とは

歯科治療でのブリッジ治療とは、歯を失った際に行います。これは、歯を失った箇所を補う人工歯を、歯の残った両サイドの歯で支えて補う治療です。この治療は橋渡しのような補綴治療であるため、ブリッジと呼ばれています。
ブリッジ多賀歯科八王子歯医者

ブリッジ治療には土台にするための歯が必要です

ブリッジ治療を行うためには、土台となる歯の存在が必要です。そのため、連続して複数の歯を失っている場合には、ブリッジ治療を行うことができない場合もあります。
また、複数の歯を連続して失った場合は、その治療部位や本数によっては保険を適用することができない場合もあるため注意が必要です。

ブリッジ治療のメリットとデメリットとは

ブリッジのメリット

・外科的手術の必要がない
・治療期間を比較的短い期間で終えることができる
・保険を適用することができる場合がある
・メンテナンスが容易である
・違和感がない
・使用する人工歯の素材によっては、審美性が非常に高い

デメリット

・健康な歯を削る必要があるため、その歯の寿命を縮めてしまう
・土台として使う歯の虫歯のリスクを高める
・保険でブリッジをする場合、使用できる素材が限られてしまう

ブリッジには寿命があります

ブリッジ治療の寿命とは

ブリッジ治療には寿命が存在します。この寿命ですが、被せ物の制度や、噛み合わせの調整、治療後のメンテナンス、歯科医の技量によっても大きく左右されるため、寿命までの年数を一概には言い切ることはできません。
また、先ほどデメリットの項目で、土台となる歯の寿命を地締めてしまうことに触れましたが、ブリッジ本体よりも先に、支えとなる歯が寿命を迎えてしまうケースもあります。噛み合わせの調整やお口のケアが不十分だと、土台の歯が虫歯や歯周病になってしまうこともあります。
ブリッジを長期間維持するためには、適切なメンテナンスが必要不可欠なのです。このメンテナンスとは、自分自身で行う毎日のブラッシングはもちろんのことですが、定期的に歯科に受診し、クリーニングや噛み合わせのチェックを受ける必要があります。

ブリッジにかかる費用とは

ブリッジ治療は保険を適用することができるため、治療費を安く抑えることができます。しかしながら、高い審美性のある素材を使用する場合や、連続して複数の歯を失ってしまった場合などは、保険の適応ができない場合もあります。保険が適用できない場合は、当然のことですが治療費が高くなってしまいます。

保険の適用が可能な被せ物とは

ブリッジで保険の適用が可能な素材は限られています。保険適用で使用できる素材は、歯科用プラスチックのレジンと、金や銀、パラジウム合金などの金属です。レジンは白色なので、高い審美性がありますが、金属を使用した場合は、知用箇所が目立ってしまい、審美性が損なわれてしまいます。
前歯にブリッジを行う場合は、レジンを使うことができますが、奥歯のブリッジは金属を使うことが一般的です。

レジンのメリットとデメリットとは

レジンのメリット

・白色のため、審美性が高い
・金属を使用しないので、金属が溶け出したことによる歯肉の着色などを避けられる

レジンのメリット

・素材がプラスチックなので、時間経過とともに変色や着色が起こる
・過度な負荷をかけると欠けたり割れてしまう

金や銀、パラジウム合金などの金属を使用した場合

金属を使用したブリッジは、見た目的にもほかの部分と比べ目立ってしまい、審美性に問題があります。また、時間がたつと金属成分が溶け出してしまい、歯肉に着色してしまうということもあります。そして、金属の劣化により、ブリッジの土台となる歯が虫歯になってしまうというリスクもあります。

保険適用外の被せ物とは

保険を適用することはできませんが、ブリッジの素材の中には、保険適用でできる素材のようなデメリットがなく、審美性も高い素材があります。
それらは主に、セラミックやメタルボンドなどが該当しますが、種類がいくつかあるため、治療する部位や素材ごとの特徴をつかんで選択するとよいでしょう。

多くの審美歯科では、治療法の選択肢や、被せ物の素材などの説明を行っているので、カウンセリングなどを通して決定するとよいでしょう。
また、歯を失った際の治療法は、ブリッジのほかにもインプラントや入れ歯という選択肢もあるため、それらも含めた検討を行うことが重要です。

納得の治療を受けるには?

歯を失った時の治療法は、ブリッジだけでなくインプラントや入れ歯もあります。また、ブリッジ治療を行う場合には、被せ物の素材も複数選択できます。

PAGE TOP