1月29日

「唾液」の力

八王子、日野、豊田の歯医者さんの多賀歯科医院です。

今回は唾液の「力」についてお話します。
唾液を「汚いものだ」なんて、思っていませんか?
ふだん意識することは少ないですが唾液はお口の中の健康を守ってくれる驚きの機能をもっています。

❀お口を清潔に保つ❀
唾液には、食べカスや細菌を洗い流してお口を清潔に保つ自浄作用があります。
唾液が減り、口の中が汚れやすくなると細菌が繁殖しやすくなります。

❀お口の粘膜を守る❀
唾液のネバネバする成分はムチンといって、これは潤滑油として粘膜を保護する作用があります。
唾液が減るとお口の粘膜の潤いが足りず、傷ついて口内炎などになりやすくなります。

❀お口の中を中性に戻す❀
お口の中はもともと中性ですが、飲食をすると、プラーク内のphは酸性に傾き脱灰(歯が溶けた状態)が始まります。
しばらくすると唾液の働きにより再石灰化(歯が修復)されます。
間食の回数が多い食生活では、脱灰の時間が長く、再石灰化の時間が短くなり、虫歯の危険性が高まります。

❀歯を修復する❀
唾液中に溶け出した歯の成分は、時間をかけて唾液から歯に戻り、歯が修復されていきます。
また、唾液中の糖タンパクは、歯の表面を保護する膜を作ります。

❀細菌感染から守る❀
お口の中にはたくさんの細菌が存在し、「口は感染の入り口」ともいえます。
唾液の自浄作用と抗菌作用で、虫歯や歯周病菌などの活動を抑制します。
唾液はとても働きものなんです。

 

PAGE TOP