3月21日

『第26回ライオン健康セミナー健子寿命の延命に向けた歯科医療を目指して(2017.01.29)』に参加しました。

004

 近年、歯周病と糖尿病をはじめとする口腔の健康と全身疾患との関連性が明らかになるに従い、従来の口腔のみを対象とした医療から、生涯にわたる口腔の健康を通した全身健康の改善、健康寿命の延伸、生活の質の向上を担う医療へと、その役割が広がっていきます。
口腔は空腹を満たすだけでなく、味わって食事をし、栄養を摂ることに加え、楽しく笑い人と語り合うなど生活の向上を目指していく上で欠くことのできない大切な器官です。咀嚼力が低下すると、食品摂取の多様性が失われるため、適切な口腔ケアが大切です。
歯周治療の主軸は歯周基本治療です。効果を確実にするには院内チーム連携が何よりも大切であり、患者の情報を全員でシェアすることが望ましい。患者を診る目を養い、疾患の本質を探り、歯科医師と歯科衛生士が議論することで、病態を的確に診断することが最も大切なことである。
毎日の診療を通じて、人のため、地域のため、多賀歯科医院の発展のため、役立つよう努めていきたいです。

PAGE TOP