3月21日

『明日から始めるマイクロスコープ導入セミナー(2017.02.12)』に参加しました。

005

 今回のセミナーに参加してみてたくさんのことが学べました。まず私の医院では、マイクロスコープは根治の時のみ使っていたので、根治の時、根幹を見る時のみ使うものだと思っていたのですが、マイクロスコープは形成の時のカリエスを見落としてないか、かぶせものをセットした時の、セメントの取り残しがないか、DHの業務など様々な治療で力を発揮してくれるということを知りました。実際に私もマイクロスコープで1000円札をのぞいてみて、裸眼では絶対に見えない文字が見えて、毎日当たりまえのように使っているものですが、新しい発見が出来て楽しかったです。マイクロスコープの力に驚かされました。マイクロスコープは、機械が大きくユニットに設置すること、使い方を習得するのは難しいことですが、もしあったら、今までよりワンランクの治療が提供できるのではないかと思いますし、患者様も喜んで下さるのではないかと思います。実際以前根治のアシストについた時、患者様が根治を見てみたい!と興味をもって下さりましたし、実況することで、どこが主に悪いのかよりわかりやすく説明できるのではないかと思いました。
午後は少しアシストをしました。最初にDHの方のお話しをきいて、実際にアシストをしたのですが、先生はマイクロスコープをのぞいていて周りは完全にみえてないので、こちら側が器具を上手く渡さなければなりません。意外と渡すタイミングや角度が難しかったです。普段先生に器具を渡す時にそこまで細かく意識してはなかったので、今後は気をつけようと思いました。
セミナーはあっという間でしたが、短い時間でもたくさんのことが学べてとてもよかったです。

006

 今回私たちは、先日導入したマイクロスコープを使い、チームワークで従来よりも精度の高い治療をして行くという勉強をしてきました。
マイクロスコープとは、高井倍率でみることで肉眼よりも精密に根の治療や修復を可能にする最新の道具です。
これを使いこなすには特別な技術が必要なため、トレーニングがかかせません。
そのため多賀歯科のDr全員と、衛生士杉山、歯科助手の小俣で勉強してきました。
今日学んだ技術を生かし、より高度で最新の治療をみなさんに提供して行きたいと思います。

007

 これからの歯科治療を変える三種の神器は、CADCAM、CBCT、マイクロスコープと言われており、今回はそのマイクロスコープについて詳しく学ぶことができました。
まずはマイクロの使い方について、個々それぞれ視力が違うので、自分に合う視度調整、瞳孔間距離を調べ、千円札に隠れている文字を探し、0.2㎜の芯の文字を書き、マイクロの凄さの驚かされました。
次にファントームを使い、患者さんの口腔内での見方を教わり、実際に治療で実践できてるのでためになりました。
拡大にはルーペとマイクロがあるのですが、ルーペとマイクロの違いでは、マイクロの長所は倍率を可変できる、同軸照明なので視線と先軸にズレがない。姿勢は安定的、適応治療種別が豊富。でした。
治療中は身体を傾けたり、のぞきこむ姿勢をするためかなり負担がかかるが、身体的ストレスの軽減(目、首、肩、腰、背中など)もあり、なにより治療精度の向上がかなりみられ、今後の治療に積極的にとり入れていきたいと思いました。

008

 マイクロスコープ導入セミナーに参加し、マイクロスコープの基本的な使い方の復習をしてきました。
マイクロスコープを使用することにより、細かいところが見えやすくなることだけでなく、今までの覗き込む姿勢かり、背すじを伸ばした姿勢を保って治療ができるため、私にとっては身体の負担が減らせるということがとても嬉しいことです。また、見ている像を録画すれば、患者さんにも口の中の状態をしっかり見せることができ、治療内容や歯ブラシのあて方がよりわかりやすくなります。今回、講師された先生のクリニックでは安全自費治療で一人一人時間をかけじっくり治療している印象でした。講師の先生も話されていましたが、こちらが思う最良の治療と患者さんが求めている治療は必ずしも一致するとは限らないため、当院でとしてはマイクロスコープをどのように活用していくべきかを考えないといけないところだと思います。
まずはマイクロスコープを使いこなせるように。機会を導入したからといいてすぐに使えるわけではなく、スムーズに治療に使えるようになるには、アシスタントも同様に、数か月の練習となれが必要なため、これから積極的に使っていこうと思いました。

009

 今回ドクター4名と共にマイクロスコープを導入するにあたりどのような利点があるのか、またマイクロwp使ってドクターが診療しやすいアシスタントワーク仕方やDH(歯科衛生士)としての活用法・・・など実際にマイクロスコープを使って実習をしながら1日を学ぶことが出来ました。
普段私は、拡大鏡(ルーペ)を使用しているので、マイクロにふれるのは今回初めてでしたが、千円札に隠された文字を見つけたり細い芯のシャープペンで小さな文字を書いてみたりと拡大鏡とはまた違った鮮明な見え方に驚き、様々な気づきを得ることが出来ました。
中でも一番心に残ったのは、マイクロは拡大してみている映像を録画すれば処置内容や歯の状況を患者さんと一緒にドキュメンテーションすることが出来るといった点でした。もちろんドクターだけの処置内容だけでなくDHのメンテも同じです。
実際に行った処置を患者様と振り返ること(治療の向上)のよって術者自身もさらにより丁寧で繊細な治療をしなければいけませんし、患者さんも鏡で見づらい口腔状況を見る安心感や医院への信頼感が増すことで満足感を得て、無断キャンセルやキャンセルなどを減らせるのではないかと思いました。
それに常日頃から1日の中でマイクロに出来るだけ触れ、慣れなければいけません。そこで術者が診療しやすいアシスタントワークも学ぶことができたので、さっそく医院のスタッフへ伝達したいと思います。
拡大してみることの楽しさ、難しさ、マイクロ専用の器具の取り扱い方なども医院で共有したいと思います。

PAGE TOP