7月18日

「Dent Netスキルアップセミナー」に参加してきました。

h28_apnet
003
今回、Dent Netのスキルアップセミナーに参加しました。
当院でも多い無断キャンセルは、その70~80%が「うっかり忘れ」と言われています。うっかり忘れた場合、再び予約を取るのをためらう方も少なくありません。治療が中断してしまわないよう予約通りお越しいただく工夫、具体的には予約前後のメール配信など働きかけについて学びました。
また、患者さんの健康を守るためにも定期検診は大切です。どうすれば定期検診にきてもらえるか。数ヶ月先の予約の日付を決めてしまうことが効果的だそうです。先に日付を決めるだけで、80~90%の定期検診を達成されている医院も多いそうです。予約を取る際は、強制せず、「仮でも良いので」というスタンスだと患者さんも予約が取りやすいです。そして定期検診の患者さんをリスト化し、管理する方法なども教わりました。
他にも効率的な予約表の設定につて、オプション機能や新機能など現在使用していない機能についても説明がありました。
患者さんが多いため、Dent Netをうまく使いこなし、お一人お一人のご予約をしっかり把握していきたいです。
006
5月15日(日)、Dent Netをより効率よく使うためのセミナーを受けました。
その中でも特に参考になったのは事前アンケートへの回答です。

  • 技工物がまだ届いていない日付で予約をとってしまうのを防ぎたい。

→まずいつも通り予約をとり、その後サブカルテの技工物欄から設定する。
設定することで技工物検索をすることもできる。

  • スタッフのシフトを予約表以外から変更したい。

→メニューに戻り、医師情報設定から変更可能。複数のスタッフをまとめて変更したり、シフトの大本を変えることができる。

  • 特定の列だけ予約を確認したい。

→医師表示の選択を他のものに切りかえる。選択設定を選ぶことで表示する列を他のものにできる。
また、現在無断キャンセルを減らす対策を行っていますが、それと同じくらい中断患者を減らすことも重要です。その方法としては①予約を持っていない患者に対して自動メールを送信する。②完治ボタンを活用し、完治していない患者を検索して連絡をする。③「予定がわからないので電話する」と言われたら、予約を日時未決定にして検索に出せるようにする。他にも、まだ使っていない機能で役立ちそうなものがいくつかあるので、レポートに詳しくまとめて共有していきたいです。また、要望を出せば使いやすいようにシステムを変えてくれたり、知らなかった使い方を教えてくれるので、「どうすればもっと使いやすくなるか?」を考えながらDent Netを使っていこうと思いました。
 
 

PAGE TOP