Root / 根管治療

根管治療を成功させるために必須の、歯科用顕微鏡-マイクロスコープを活用した、「可視化」精密根管治療。

当院では、「マイクロスコープ」や「CT装置」などの最先端機器を利用した精密根管治療を実施しています。

ドクター

そもそも根管治療とは、虫歯が進行し、歯の神経(歯髄)まで達してしまった場合に必要となる治療法のことを言います。具体的な治療内容は、虫歯に感染した神経を取り除き、根管(神経が入っている管)をキレイに清掃してから被せ物をするというものです。

一見簡単そうなのですが、実は、この「根管をキレイに清掃する処置」は非常に困難を極めます。なぜなら、根管は非常に複雑に入り組んでいる上、しっかりと清掃を行わなければ、「痛み」「腫れ」などの原因となり「根尖病変」という病気になってしまうからです。 下の画像の黒い部分が神経の入っている管です。このすべてを清掃する必要があります。

従来までは、「肉眼」でこの治療をしていました。
しかし、「肉眼」ではこの細かい部分をすべて確認しながら完璧に作業することは不可能です。つまり、従来法の根管治療とは「勘」や「経験」に頼った治療で、時には再治療そして「抜歯」の選択を迫られることも多々ありました。

しかし、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)やCTを利用することで、今まで見えなかったものが見えるようになり、しっかり目で確認しながらの治療が可能になります。このマイクロスコープ/CTを含め、当院で実施している根管治療の方法を簡単にご紹介いたします。

多賀歯科の「可視化」精密根管治療のご紹介

当院で実施している「可視化」根管治療は「再発しにくい」ことが最大の特徴です。
これを説明する前に、アメリカで行われた興味深い統計をご紹介します。 

根管治療の精度 かぶせ物の精度 成功率
パターン① ○高い精密度 ○自費のかぶせ物 91.4%
パターン② △中度の精密度 ○自費のかぶせ物 67.6%
パターン③ ○高い精密度 ×保険のかぶせ物 44.1%
パターン④ ×低い精密度 ×保険のかぶせ物 18.1%

このデータからは、精密な根管治療を行い、自費の被せ物の治療を行った場合の成功率は91%と高く、治療の精度が低く、かぶせ物も保険の治療であれば、80%以上の確立で再発するということが読み取れます。

当院ではマイクロスコープなどを活用することで上の表の「高い精密度」に該当する治療を行い、高い成功率を達成させています。それぞれ特徴をご紹介いたします。

特徴1 治療精度を飛躍的に高める「マイクロスコープ」

マイクロスコープとは、治療部位を高倍率で拡大する歯科用顕微鏡です。
根管治療においては、どれだけしっかりと問題部位を確認できるかが成功の成否を分けますので、成功率を上げるためには絶対に欠かすことができない機材になります。

マイクロ

下の画像は「肉眼」で見た状態と、「マイクロスコープ」で見た状態の視野になります。
どちらのほうが精度の高い治療ができるかは一目瞭然ですね。マイクロスコープを導入することにより、「抜歯」という最悪のシナリオを避けられる可能性が飛躍的に高まりました

  • 治療前
  • 治療後

当院で処置した症例をご紹介します。
黒い影が出ている部分が問題の個所で(根尖病巣)、治療後はこの影がなくなっているのが見て取れると思います。

  • 治療前
  • 治療後

特徴2 一般のレントゲンでは確認できない部位までも可視化するCT装置

CTはマイクロスコープ同様、治療部位を「見える化(可視化)」させる最新機器です。通常のレントゲン(デンタルエックス線写真)でも大まかには判断可能ですが、CTを用いる事で、デンタルエックス線写真では発見できないような微細な病変も発見することが出来ます。

CT

下の画像はCTで撮影したものです。

マイクロ

赤丸がついている部分が根尖病巣と呼ばれる問題が出ている部分です。
レントゲンでも根尖病巣の有無は判断可能(ぼんやり黒く映ります)ですが、CTを利用することでレントゲンでは見えない部分も可視化することができ、より一層精密な診査・診断、そして治療が可能になります。

特徴3 ラバーダム防湿などを利用した「再発防止」体制

他院で治療を受けた方から、「根管治療を受けたはずなのに、また痛みが出てきてしまった」といったご相談をお受けすることが多いのですが、再発してしまうのはどうしてだと思いますか?

結論からお伝えすると、一般的に行われている根管治療は、「問題の根本的な原因」へのアプローチが不十分だからです。

冒頭でもお伝えしましたが、そもそも根管治療とは、虫歯が進行し、歯の神経(歯髄)まで達してしまった場合に必要となる治療法のことを言います。
そして虫歯は、虫歯菌が原因で発症する感染症です。そのため根本的な原因である「虫歯菌」へのアプローチが出来ていなければ、いくら治療したとしても、再発してしまう可能性が高まります。

本章では、当院が行っている再発のリスクから患者様を守るための「再発防止」体制をご紹介します。

体制1「ラバーダム防湿」の利用

ラバーダム

ラバーダム防湿とは、治療する歯以外を覆いかぶせる薄いゴム製のシートのことを言います。
ラバーダム防湿を使用することで、口腔内の唾液に含まれる様々な細菌が治療部位に侵入し感染するのを防ぐことができるので、無菌的な状態で治療を行うことができます。逆に言えば、ラバーダム防湿を使用しないで行う治療は、治療部位への細菌感染のリスクが高まり、再治療の原因ともなります。

体制2根歯に優しく柔軟性をもつ「ニッケルチタンファイル」

ファイル

根管治療では、虫歯に侵された神経を除去するために「ファイル」と呼ばれる器具を使用します。このファイルは大きく分けて二種類あり、ひとつが「ステンレスファイル」、もうひとつが「ニッケルチタンファイル(NiTiファイル)」というものです。

多くの歯科医院ではステンレスファイルのみを使用していますが、当院では十分な柔軟性を持ち、より神経を除去できるニッケルチタンファイルも同時に導入しています。
これにより、患者様の歯を残すための精密根管治療が可能となるのです。

体制3根管内をキレイに洗浄・消毒する「殺菌剤」の利用

水

根管治療では、ヤスリのような器具で根管内の汚れを削っていきます。ヤスリでものを削ると細かい削りカスが出るのと同様に、根管治療でも歯質を削る際にカスが出ます。
このカスにはたくさんの菌が存在していますので、除去しなければならないんですが、手用の器具では、しっかりと除去はできません。
これをそのままにしておくと再発の原因となります。

この問題を解決するのが「殺菌剤」です。
専門的な話になりますので詳細は割愛させていただきますが、簡単にご説明すると、この薬剤は、根管治療で生じた削りカスを溶かし、消毒することで根管内をクリーンな状態にし、病気の再発を防ぐものです。また、マイクロスコープ等を利用したとしても、すべての根の状態を100%確認できるわけではありません。確認できない部分に関してはこの殺菌剤が威力を発揮します。

体制4殺菌作用と歯の組織再生効果のある「MTAセメント」の活用

MTA

根管治療の最後の仕上げとして「根管充填」というものがあります。これは、歯の神経を取ったことにより空洞になった根管内を緊密に塞ぐ処置のことを指すのですが、この時、隙間を完全に塞ぐことが出来なければ、再び感染してしまう可能性が高まります。

一般的には「ガッタパ―チャ」と呼ばれる、ゴムのようなもので隙間を塞ぐのですが、複雑な構造の根管内をこのガッタパ―チャでは完全には塞ぎきれないケースが多々あります。一方、当院が導入している「MTAセメント」では、根管内を隅々まで緊密に塞ぐことができ、かつ、殺菌作用及び強い接着性、歯の組織再生効果も兼ね備えているため、治療後の経過が非常に良好になります。

コラム-根管治療で救う事の出来ない歯について

ここまで紹介させて頂いた器具や治療法のすべては、「根管をきれいにし、細菌を取り除く」ひいては「根の先の病気を治し、腫れや痛みが出る事を予防し、抜歯を防ぎ、歯を残す。」という、ごく単純な目的のために当院が行っているものです。

残念ながら、上記の治療を実践しても、残すことの出来ない歯、というものも存在します。

  • 根尖病変の原因が、根管の外部に存在するもの(根尖外バイオフィルムの存在)
  • 歯が広範囲にわたって割れているもの(歯冠、歯根破折)
  • 虫歯が深く、虫歯を取り除くと被せものを被せるだけの歯が残らないもの

院長

歯を残すための努力は怠るべきではありませんが、治療をいくら重ねても残せない歯を治療し続けるというのは、患者様にとって余分な負担を強いる行為であると考えます。

これらのケースでは、しっかりした診査診断を実施し、出来るだけ早期の段階で患者様に事実をお伝えし、手術や抜歯、その後の治療について御提案できるように努めています。