Kids / 小児歯科

「歯医者さんを嫌いになって欲しくない・・・。」  その思いで、お子さんに対する院内体制を整えております。

当院の小児歯科治療における体制・考え方

当院では次のような体制でお子様をお迎えする準備を整えております。

 

1.親御さんと一緒の治療  2.正しい「咬合誘導・噛み合せ」のご提案  3. 子供好きの女性ドクター、そしてスタッフ達

 

詳しくは下記をご覧ください。

 

 

親御さんとの一緒の治療

当院では、診療室のスペースをあえて広めに設計しております。

これは、設計当初から「お子様が安心して来院できる歯科医院」を1つのコンセプトとしていたためです。

 

パノラマ

 

小さいお子様が初めて歯科医院に来院された時には、歯科医院独特の雰囲気を感じ取り非常に不安になるのが通常です。

最初にこのようなイメージを歯科医院に持ってしまうと、歯医者嫌いにつながり、大人になってからも歯科医院に行かなくなる傾向があるように感じます。

 

虫歯や歯周病は「早期発見・早期対策」が必須です。

放置すればするほど悪化の一途をたどってしまいます。

 

そのようなことにならないよう、歯医者さんに慣れるまでは、親御さんが近くに寄り添い、一緒に治療を頑張るという体制が必要だと考えます。

 

 

専門医による「咬合誘導」「歯並び治療」のご提案

子供の歯から大人の歯に生え替わるとき、ささいなボタンのかけ違いで歯並びが悪くなってしまうことがあります。その徴候を早めに見つけることで、簡単・短期間・少額で歯並びを整えることが可能となります。

 

これを咬合誘導と言います。

 

咬合誘導は大人の歯がすべて生えてからの矯正とは違い、

抜歯したり、歯を動かしたりといったものではありません。

早い時期に適切な咬合誘導を行うことで、歯並びが

安定して後戻りしにくくなり、場合によっては大人の歯

の矯正治療が必要なくなることもあります。

矯正専門医

 

咬合誘導 歯並びが悪くなる可能性がある場合、悪くなる前に対策を行う事です。
矯正治療 既に悪くなった歯並びを整えることです。

 

当院では咬合誘導に長けた矯正専門医も在籍しておりますので、早期の矯正治療や咬合誘導、悪いお口の習癖の是正、機能訓練を提案させていただきます。

 

美しい口元は見た目だけでなく、集中力や持続力などお子様の生活全般のレベルアップも期待できます。

 

当院では大人(成人)の矯正治療も行っております。

詳しくは矯正歯科(大人・成人)をご参照ください。

 

 

子供好きの女性ドクター、そしてスタッフ達

当院では、女性ドクター(女医)も在籍しております。

 

やはり、女性ドクターは「優しさ」「親しみ」

を感じるようです。

年輩の女性、親御さんから御指名を受けることもあります。

 

また、スタッフ達も皆明るく、不安そうにしている

お子様に積極的に励ましの声掛けを行っています。

 

多賀歯科医院の明るい雰囲気を体験してみませんか?

女医

 

女性スタッフ

 

 

お子様のお口の健康を守るために歯科医院ができる事

歯科医院を受診されると、次の方法でお子様の歯を守ることができます。

 

TBI(歯磨き指導)

子供が歯磨き好きになるように指導します。

 

虫歯が多発する部位は、

(Ⅰ)歯と歯の間

(Ⅱ)歯と歯肉の境目

(Ⅲ)歯の溝です。

女性スタッフ

 

TBI(歯磨き指導)では、(Ⅰ)と(Ⅱ)から発生する虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら指導していきます。

 

シーラント填塞

上記(Ⅲ)の歯の溝は複雑で、ブラッシングだけでは虫歯の予防が不可能な部位です。

生え替わったばかりの奥歯の永久歯は大人と比べて溝が深く、そこに食べカスなどがはさまって虫歯になることがよくあります。シーラントは奥歯の溝をプラスチックで埋める虫歯予防法です。乳歯から永久歯に生え替わったタイミングで治療すると効果的です。なお、使用するのは虫歯治療の際に詰め物として使う「レジン」という素材なので安全です。

シーラント

 

フッ素塗布

「フッ素」とは、歯の表面にあるエナメル質を強化する性質を持った物質です。

乳歯や生え替わったばかりの永久歯は非常に弱いのですが、フッ素塗布によって大人の歯と同等の強度にすることができます。虫歯菌に負けない強い歯を作りましょう!

フッ素

 

 

小児歯科Q&A

乳歯はいずれ大人の歯に生え換わるから、虫歯になっても大丈夫ですよね?

そのようなことはありません。

少し専門的なお話しになってしまいますが、乳歯には非常に大きな役割が与えられて

います。

 

1つは、次に生えてくる永久歯を適切な位置へ誘導する役割。

生え換わりの時期に、乳歯が虫歯でダメになっていた場合、永久歯を適切な位

置へ誘導が出来なくなったり、永久歯自体が生えてこなくなる場合もあります。

 

2つ目は、乳歯は永久歯が生えてくるスペースを確保する役割も担っています。

虫歯で乳歯を抜いてしまった場合、その隙間を埋めるように、両隣の歯が寄ってきま

す。そうなると、永久歯が顔を出すスペースがなくなり、正しい方向に生えることが

できず、噛み合わせが悪くなる原因となります。

 

また、乳歯が虫歯になってしまった場合、その歯の周囲は虫歯菌に汚染されています。

そこに生えたてホヤホヤの永久歯が出てきたらどうなると思いますか?

永久歯といっても、生えたての時期は乳歯と同じくらいに弱いのです。

当然、虫歯リスクは高まります。

 

子供の歯はすぐに生え換わるから、虫歯になっても問題ないという考えは非常に危険

であることを認識して下さい。

子供の「指しゃぶり」は歯の発育に悪影響を与えるのでしょうか?

長期にわたる指しゃぶりの癖は、歯並びや

顎の正常な発育に悪影響を及ぼします。

指しゃぶりが原因で起こる歯並びの異常を

「開咬」といいます。

開咬になると、上の歯が前に出てきて、

上と下にすきまが出来てしまい、

見た目も出っ歯になってしまいます。

指しゃぶりをする子供に必ず起こるもの

開咬

ではありませんが、期間が長引けば長引くほどその割合は高くなります。

短期間で指しゃぶりを卒業できれば、開咬の症状は一時的な変化にとどまり自然に治癒することが多いのですが、3歳以降までつづくと噛みあわせは永久的な変化を受けやすいと言われています。

具体的な指しゃぶりをやめさせる方法をいくつか挙げますので参考にしてみてください。

 

(1)親ができるだけ子供を観察し、指を口に持っていくのを見かけたら優しく注意して

あげます。

 

(2)指をしゃぶっていると起こる色々な問題について、簡単に子供に話して聞かせる。

 

(3)子供に何か熱中できるものをあたえる(動物を飼うなど)

 

その他、指を布でぐるぐる巻きにする、指にカラシを塗るなどの方法をしばしば耳にしますが、このような強引な方法で無理にやめさせると心理的な問題を引き起こす可能性があるため、子供がある程度納得し、自分で意識してやめることができる時期まで待つのが最も適切です。

 

癖というのは無意識のうちに行われるので、とり除くのが難しいですが、子供とできるだけコミュニケーションをとり、徐々に止めることが出来るよう根気強く頑張ることが大切です。

 

お子さんの矯正歯科に関してもっと知りたい場合は、矯正歯科を参照下さい。