8月はドクターのお誕生日でした! <八王子市 歯科>

2016-09-24

IMG_0838
もう9月に入ってしまいましたが、8月は多賀歯科医院の中でもとびっきり優しい澤田先生のお誕生日でした! 今回はスタッフ全員から澤田先生の良いところを書いたメッセージをプレゼントしました。 わからないことは優しく教えて下さり、練習を一緒に付き合ってくださる可愛い女医さんです。患者さんからも、先生が優しく丁寧に治療してくれて良かったとおっしゃって頂き私たちスタッフもとても嬉しく思います。
まだまだ夏の暑さも抜けきらず、雨の多い9月ですが皆さん足元に気を付けていらっしゃってください~!


カテゴリー 多賀歯科

『エビデンスに基づいたインプラント治療』セミナーに参加しました。

2016-09-21

 
20160807_ebi_2_page_1
・インプラント、メンテナンスセミナーでしたが、歯科医院を経営する上で、どのように考えをもつ事が必要か?という講義からでした。アメリカで行われている臨床の実際、どう戦略を持ち、価値を上げるか。
どんなに大きな物でも、一夜にして崩れさる事がある。何故それが起こるのか?アメリカでは大学の2年生でそれを学ぶ。カメラ業界でも、コダックはデジカメを最初に開発したものの、フィルムが売れなくなる為に、そこを伸ばさなかった。その間にソニーが新しいデジカメ部門を伸ばし成長した。
どんなに大手でも、4年で株価が0になり、潰れることがある。
★価値を創造しているか?その価値は自分達でしかできない価値なのか?
Drの価値の創造と、Krの求める物と、隣のDCには無い物を与える事ができた時、price warが生まれる。
車で言うと、価格の安いタカーと、高いジャガーは同じ会社で製造されている。→マーケットを分けている、同じサービスなら、安い方に人は流れる→隣のDCとは違う、自分達だけの、Krが求める物を与える事が必要となる。
★チームで共有すること
我々のニーズは?10年後はどうなっている?先を見据えた展望が必要、我々にしかできない、他にはない物は何か?チーム・スタッフ全員で考え、共有する事が必要。
会社として経営を行うので、個々の技術は必要だが、個々だけになってはいけない。人を管理し、会社の価値を考え、将来を見渡す人材も必要となる。
経営の観点で医院を見る事により、細かい個人から、スタッフ全体の連携も必要となる。一人一人の意識の改革や、意思の連携が必要と感じました。
20160807_ebi_2_page_2
内容としては、ほぼ経営についてでした。メインテナンスについてお話をききたかったのですが、少しかけ離れたものでした。
ですが、中でも興味深かった事項が、「勤務先が無くなってしまった時、同等のサービス、満足感を得られるまでにどれだけの時間が必要であるか」というものでした。
世界的に有名なエンターテイメント施設は、今の満足度・サービスを再度得るまでに300年かかってしまう、程の価値があるそうです。
当院に置き替えた時、私達はどの程度のサービスを提供できているのか、もっと安心して、通っていただくにはどこをどのように改善するべきなのか、少し深く考えなければならないな、と思わせてくれるセミナーでした。
 
20160807_ebi_1_page_2 20160807_ebi_1_page_3
世の中の患者から虫歯がなくなったときに自分の歯科診療所がずっと成長し続けることができるか?
もし、なにか革新的なことが起こった場合、たとえばkodakにおけるデジカメの様な。
自分の歯科医院が潰れてしまったとき、今までの患者が同じサービスが受けられるまでどれだけの時間がかかるのか?なかなか見つからないぐらいのユニークで、上質な物を提供できているのか?
そのためには、どうやって価値を創造するかが大切である。
価値を生むためには差別化が必要。差別化が利益を生み、利益がさらなる差別化を生む。
自分の医院、他院、患者のニーズとの関係で差別化、価値を創るためには
・値段下げ競争をするのか?
・他院に出来なくて、より患者のニーズに答え将来を見据えた経営をするのか?
・レクサス(需要は少ないが高い価格または価値)とトヨタ(需要は多いが安い価格、価値)のどちらを目指すのか?
以上のことにおいて歯科医師は、技術者、マネージメント、企業家の3つの側面が必要である。
アメリカの診療所では口腔内の管理だけでなく全身の管理をしているとのこと。
医科、歯科の専門医、看護師、衛生士との連携において、歯科医師、衛生士は日々の治療やメインテナンス時に患者の変化を見極め、何かあれば医師、看護師とコンタクトをとり全身を管理することがし易くなる。
また、各々の専門医との連携を行うことで、技術革新について行き易くなり全体のレベルがあがりより患者のニーズに答えやすくなる。よって患者の満足度も高くなる。
歯科にきて医科的側面のチェックができることで多角的な管理が出来ることで患者の高い期待に応えることで差別化を図り価値を創っているようである。


カテゴリー セミナー参加

『多賀歯科医院ペリオセミナー(2016.07.27)』に参加にしました。

2016-09-21


20160727_perio_page_1
今回2回目のペリオセミナーでは非外科処置つまり私達衛生士が活躍出来る“SRPの効果”について学ぶことが出来ました。
患者さんに痛い思いをなるべくしてもらわない為にもなるべく外科処置を行わず治すことが出来るというのが理想です。なぜならば外科をすればSRPをした時より歯肉が下がり(特に歯周病が重度になる程)見た目やプラークコントロールも更に難しくなるからです。
でも歯肉の上のプラークコントロールを患者様に徹底して頂かなければ、歯周病が再発してしまうので患者様が主体になり、私達衛生士は、そのお手伝いをすることが大切です。
また歯石を取る際に使用する超音波スケーラーはメーカーによっても使用する角度、ストロークによって患者様に痛みが出たりしみが出ることになってしまうので、福井先生にマンツーマンで一人ずつ教わることが出来、今回もとても有意義な研修でした。
明日からまた新たな気持ちで歯周治療をやっていきたいです。
20160727_perio_page_2
今回2回目の福井秀和先生による院内研修でした。福井先生には当院までお越しいただいて私たちは勉強させて頂いています。このような研修を開いてくれた院長、事務長にも感謝したいです。
研修では福井先生に頂いた資料をもとに講座があり、症例写真も掲載されているものでした。助手として理解不足なところもありました。ですが歯肉炎、歯周炎など掲載されている症例写真は歯肉が腫れ、出血しているもの、とても衝撃的な症例が多くみられました。
当院でも衛生士が患者様に一生懸命行っている歯ブラシ指導もとても大事なことだと改めて実感しました。歯医者に来る前は患者様も一生懸命ブラッシングをしてきてくださります。
それも患者様が意識して行ってくれていることなのですが、より頑張って頂きたいのは、お家でのブラッシングです。ピンクに歯を染めて汚れの付着の確認もとても大切で重要なことで患者様自身に100%中どれくらい汚れを落とせているのか数値にして出すことも自分の磨き方について改めて考える良いきっかけだと思います。
指導直後は患者様みなさん意識もあがるそうです。その後の継続がさらに重要だということでした。私もブラッシング指導を受けたことはありますが、その直後は意識があがり、その後だらけてしまったので共感してしまいました。お家で使うのに、歯間ブラシ・デンタルフロス・プラウトなどの器具を使い自分にお口にあったものを使いこなせないとやはり汚れはずっと停滞してしまうので怖いことだなと思いました。歯周病が進行していくと目には見えない歯と歯茎の中でも汚れはたまっていきます。衛生士さんが頑張って汚れを除去していますが、歯茎の中の汚れがたまっている状況で歯磨きだけを頑張っていたとしても、中には汚れが付着しているので歯肉の中の汚れの除去もまた一つ重要なことで、その後のプラークコントロールもまた大切なことだということでした。その段階に行く前に維持してくことがもちろん大切ですが、私たちは来院した患者様が一人でも多く歯の大切さに気付けるようわずかな来院数で指導していけたらと思います。
今後も研修を通し知識をつけ、伝えていけるよう日々努力したいです。
 


カテゴリー セミナー参加

『歯科衛生士のための歯周病管理セミナー』に参加しました。

2016-09-21

20160710_24_sikaeiseishi_page_1
セミナー名: 歯科衛生士のための歯周病管理セミナー
セミナー主催:ライオン歯科衛生研究所
セミナー日:2016.7/10、24
衛生士の職務範囲について
・DHは治療はできず、予防のみ。しかし、管理の範囲が大きく、PCとSCで歯周病の改善は起きる。
 
✳︎歯周病は文明病である
野生の犬や動物には歯周病はない。人間だけの疾患である。
火を使う(文明)調理した物を食べる事で、歯周病との戦いが始まってしまった。
→そのため、歯ブラシを使わなければならない。
 
✳︎歯周病は生活習慣病である
歯磨きの質が大切である。患者様に何分磨いているか尋ねると大体2,3分と答えて下さる方が多い。しかし実際測った事はなく、大体1分程度で終わる方も多い。→習慣を変えていかなければならない。とても大変なこと!!
★行動変容★
重要なDHの役割である。患者様に歯に対する価値観を植え付ける。
 
✳良い習慣を増やす方が、減らすより楽
→患者様に楽しみを与える事が必要であり、モチベーションの維持、向上に必要である。
 
✳歯周病セミナーの始まりの講義の内容で、基礎的な所ではありますが、とても大切な所だと思います。ベーシックな所は何度も読み、定着理解をし、患者様への情報提供にもつなげていけたらと思います。
 
20160710_24_sikaeiseishi_page_2
・歯周治療の考え方
歯周病は口腔細菌による慢性感染症であるため、これらの細菌除去のために患者さんの協力が必要であり、最も重要。なので、私たちがいくら頑張って治療しても、患者さんの協力が得られなければまた同じことの繰り返しになるので、患者さんのモチベーションを上げられるようにしていかなければいけないなと思いました。
 
・インフォームドコンセントの大切さ
医療において患者さんが十分に説明を受けた後での患者さんの承認は治療をすすめていく上で、とても大事だと改めて思いました。
説明後、患者さんが納得できる医療内容を提供できるようにしていきたいです。
 
このセミナーを受けて得られることがたくさんあったので、最高の医療を提供していけるよう日々精進していきたいなと思いました。


カテゴリー セミナー参加

『美容歯科治療の最前線』セミナーに参加しました。

2016-09-21

20160710_biyou001
20160710_biyou002
20160710_biyou003
20160710_biyou_page_320160710_biyou_page_4
20160710_biyou_page_520160710_biyou_page_6
 
セミナー名:美容歯科治療の最前線
セミナー主催:昭和大学
セミナー日:2016.7.10
セミナー参加者:多賀哲也
今回の研修では、日本で最初に美容歯科という名前をかかげた昭和大学の現在取り組んでいる治療内容とそれらに関する実習を受けました。
①美容歯科にかかせない接着について
②最新のホワイトニング
③レーザー
④CAD/CAMについて、セラミックインレー実習
⑤フェイシャルマッサージ
-美容歯科においてトラブルをさけるため-
術式の説明書の提供
説明の際の資料の準備(ビジュアル的な)
えられる治療法は全て説明
術式によるメリット・デメリット
料金アフターケアについて
立会人同席のもと同意書承諾書作る
 
①接着について
接着において最も大切なことは、エナメル質と象牙質の扱いは全くちがうということ。
エナメル質はエッチングとボンディング
象牙質はプライミング(EDTA)とボンディング
機能性モノマー(ボンディング剤に混入)
ジルコニアは対合歯を磨耗させると言われているが正しい研究がされていれば問題ない。
 
<破接着物の処理>
ガラスセラミックス⇒サンドブラスト→リン酸→シランカップリング処理
ジルコニア⇒サンドブラスト→(MDP)機能性
(ジルコニアはリン酸は禁忌)モノマー処理
CADCAMコンポジットレジン⇒サンドブラスト→シランカップリング処理
セルフアドヒーシブレジンセメントは
 
<ホワイトニング>
特に新しい情報は少ないがトレー制作法において密着を強くするため、マージン3mm下にみぞをほる。
シュミテクトをホワイトニング開始2
<レーザー>
各種レーザーを目的によって使い分ける
<CAD、CAMセラミックインレー>
窩洞形成
エナメル質に厚みを残す
マージンはヘビーシャとファーボックス形成は必要ない
金属アレルギー
1.Ni 20%
2.Co 15%
3.Hg 10%
4.パラ 10%
発現
1.口→28.9%
2.手→20%
3.足→15.5%
その他
フェイシャルマッサージとリップマッサージのデモを行いました。
 


カテゴリー セミナー参加

『再生療法を見据えた歯周外科』セミナーに参加しました。

2016-09-21

saisei
20160703_saisei_page_3 20160703_saisei_page_4
 
 
再生療法を見据えた歯周外科
H28.07.03
セミナー主催:東京歯科大学
セミナー参加者:多賀哲也
<再生療法を見据えた歯周外科治療>
東京歯科大学歯周病学講座にて、prf.斎藤はじめとする、歯周病科スタッフによる講習を水道橋校舎13階にて受講しました。歯周病に対するリアルタイムな世界標準な考え方と治療法をわかりやすく丁寧に教授していただき有意義な1日でした。歯周病の日本の現状や歯科界の取り組み、最先端の治療法は再生療法であり、その術式をブタの顎骨を使用して実習した。従来の考え方から1歩進んだ治療方法で盛染を除去するだけではなく、失われた歯周組織を再成することを目的としたものである。厚生省の認可を受けたBio-osとBio—Gardを用いて、ブタの顎骨に実際に処置をして終了した。実習後の質疑応答では、上顎大臼歯の3度の症例について、治療介入の方法と時期を質問しましたが、予想通り明解な答えは得られませんでした。
 


カテゴリー セミナー参加

多賀歯科医院ペリオセミナー(2016.6.29)に参加しました。

2016-09-21

160629_tagaperio
160629_tagaperio2
160629_tagaperio3
20160629_perio_page_1
今日からゲスト歯科医師、歯周病専門医の福井先生にお越しいただき歯周病についてのセミナーを受講しました。
まずは基本的な歯周病とはどんな病気か。どのようにして体内で変化が起きているなど病理学的なお話からスタートしました。歯科助手にも分かりやすい言葉で説明してくださり、歯科衛生士学校で習ったことの復習にもなりました。
診査ではなにを見るのか。もちろん口腔内もそうですが、患者さんの生活背景、生活習慣にも介入が必要になってくることを教えていただきました。死守病検査時の器具の挿入の仕方は、お互いスタッフ同士で術者役、患者役となり先生にチェックしていただきました。
貴重なお時間をいただき、習ってきた復習とわからなかったことが解決できたので今後の診療に活かせていけたらと思いました。
 
 
 
20160629_perio_page_2
今回福井先生のペリオセミナーで今まで知らなかった歯周病について1から知ることが出来て良かったです。
例えば
①歯周病の菌が毒性を持つまでの時間は平均48時間かかる。
→なので、回数が多いほど予防できる訳ではなく、1回1回のハミガキの質が大事である。(カリエスの予防のためには1日2回のハミガキ)
②喫煙とコントロールされていない糖尿病は歯周病の2大リスクとされている。
→☆糖尿病は、歯周病のリスクも虫歯のリスクも高い。
1.歯周組織の修復の遅延と易感染症
2.歯肉の炎症所見と歯周症の重症化
3.唾液の分泌量低下による自浄作用の低下
4.高いう蝕活動性
→☆喫煙者における歯周病悪化のメカニズム
タバコ中の有害物質(一酸化炭素、ニコチン、コチニン、タール他)
⇒上皮細胞、線維芽細胞のコラーゲン再性能が低下⇒創傷治癒の遅延か
⇒血管の収縮⇒好中球の遊走性や貪食能の低下⇒歯周組織破壊、歯周炎の増悪
 
今日学んだ知識を活かして、今後の歯周病治療、予防歯科に役立てていきたいです。
 


カテゴリー セミナー参加

むし歯ではなくても歯は溶けてしまいます! <八王子 歯科>

2016-09-06

erosion4皆さん酸蝕歯はご存知ですか?
酸蝕歯とは歯が酸によって溶けてしまった状態の事です。
頻繁にお口の中が酸性に傾いてしまうのはあまり良いことではありません。
酸とは何かというとお酢などを思い浮かべるかもしれません。ですが実はコーラなどの炭酸飲料水やスポーツドリンク、オレンジジュースも酸性度が強いのです。
また最近では健康のために黒酢を飲んだりビタミンC入りのドリンクを頻繁に飲む、なんて方も増えてきています。
前歯に白い模様ができた、歯の先端が欠けた、透き通ってきてひびが入ってる、歯全体が黄色くなってきた、などと感じる方はもしかしたら酸蝕歯かもしれません!
酸によって薄くなった歯はむし歯になりやすくなるだけではなく、摩耗や咬耗といったいったものを悪化させる原因ともなるので、ゴシゴシ強い力でのブラッシング、食いしばりや歯ぎしりがある方はお気を付けください。
スポーツドリンクや炭酸類は頻繁に飲まないようにしていただければそれだけでも予防になります!erosion13


カテゴリー 多賀歯科